肉体的か精神的が原因

男性のシンボルであるペニスなのですが、このペニスに関して何かしらのコンプレックスがあって思うように性生活を満喫できていな男性も少なからず存在していると思われます。
それに加え、風俗店に行くことすら悩まされている男性もいるのではないでしょうか。
そのペニスに関するコンプレックスに「早漏」というものがあります。
もちろん早漏だと悩むものなのですが、実際のところ風俗での早漏は好かれる可能性が高く、遅漏に比べれば全然マシな部類に入ってくるのです。
世の中の女性は早漏も遅漏も嫌がる人が多いですが、風俗では早漏のお客様は負担が小さく楽ですので好かれ、遅漏のお客さまは負担が大きく疲れるということで嫌われる可能性が高いのです。
だからといって、風俗では早漏で良くても快感を長く味わえませんし、風俗以外では早漏だと女性から嫌われてしまう可能性が高いですので改善していきたいものでもあります。

今では、早漏の研究がかなり進み様々な治療方法が出てきていますので、早漏の治療は難しいですが治る可能性は高いといわれています。
早漏を改善したければ早漏の治療を行っている病院に行くのが無難なのですが、自分で治すことも可能になります。
ただし、早漏の原因によっては病院でないと治せない場合があるのです。
そもそも、早漏の原因は大きく分けると肉体的な原因と精神的な原因に分けられます。
肉体的な原因であれば病院で治療を受けないと治らない場合もありますので、まずは肉体的な原因ではないか疑ってみるといいかもしれません。
そこで、亀頭の刺激に弱いなら肉体的な原因で早漏になっている可能性が高いです。
優しく手コキやフェラチオをしてもらっているのに、亀頭がくすぐったいと感じたり痛みを感じたりして、長時間の刺激に耐えられないのであれば亀頭は刺激に弱い状態になります。

また、亀頭にシャワーをかけると同様に長時間耐えられないのであれば、これも亀頭は刺激に弱い状態になっているのです。
もし亀頭への刺激に弱い場合、亀頭が敏感なため早漏につながりやすく、亀頭への刺激に慣れていなければ亀頭への刺激に慣れることで早漏を治せる可能性があります。
まず、亀頭への刺激に慣れるためには亀頭オナニーが有効になってきます。
皮オナニーだと気持ちが良いためついやってしまいますが、皮オナニーをしていては亀頭への刺激に慣れることができません。
亀頭への刺激に弱い状態で亀頭オナニーをしようとすると、くすぐったかったり痛みを感じ亀頭への刺激を続けるのが難しいため、まずはローションをたっぷりつけてゆっくりと刺激して慣れるといいのです。
人によっては亀頭への刺激に慣れることができず刺激に弱いままになってしまう場合がありますが、その場合は亀頭増大手術を受けることが有効だといわれています。
亀頭を増大させれば刺激に強くすることができますので、早漏の改善につながってくるのです。